Blockchain Core Camp Presented by DG Lab Blockchain Core Camp Presented by DG Lab

日本初 Blockchain “Layer2” 実装を体験する
デベロッパー向けワークショップ



弊社は、2017年7⽉31⽇~8月2⽇に、東京で「Blockchain Core Camp [BC²] Season 2」を開催します。本ワークショップは、2016年7月に発足したオープンイノベーション型研究開発組織DG Labが主催となり、3日間にわたり一般のエンジニアを対象にBlockchain技術の実装をハンズオン形式で体験できるトレーニングの第2回目の開催となります。第2弾となる今回は、Blockchainの拡張技術(Layer2 / Sidechain技術など)に焦点を当て、この技術の発明者やスペシャリストたちを海外から招き、Blockchain拡張技術の最先端を体験することを目的としています。トレーナーとしては、ビットコインコアコントリビューターであるメンバー複数名を含むDG LabのBlockchainエンジニアチーム、海外からは前回に引き続きLightning Networkの発明者であるThaddeus Dryja氏、MIT Digital Currency InitiativeのファウンダーであるJeremy Rubin氏に加え、Blockstream社からConfidential Assetsの中心的デベロッパーであるGregory Sanders氏、Smart Contractの開発をリードするMark Friedenbach氏、また、ボストン大学の研究者であり、TumbleBitの発案者であるEthan Heilman氏を迎えます。

株式会社デジタルガレージ
Head of DG Lab 田中 将志


次世代へ続くビジネスのオープンイノベーションプラットフォーム

インターネットから生まれたオープンイノベーションの波がソフトウェア産業だけでなくハードウェア産業も飲み込み、さらにはバイオテクノロジーにまで及ぼうとしている現状では、さまざまな分野で技術が急速に進化していきます。こうした技術の多様な変化に柔軟に対応し、これまで同様に最先端の技術を取り込みながら事業を成⻑させるために、新たな事業の柱になる技術シーズを発掘するための研究開発組織「DG Lab」を発足します。DG Labでは「ブロックチェーン」「VR/AR」「AI」「セキュリティ」「バイオテクノロジー」を重点分野として選び、これらの分野で高いレベルの技術を持つ国内外の投資先企業と連携し、DGの新たな事業の柱となるプロダクトやサービスを生み出すことを目的とします。こうした分野において世界をリードする研究開発に関心のあるエンジニアやデザイナーが集まり活発に議論しながら開発に打ち込む、「テクノロジーのバウハウス※」のようなイメージを持ち、グローバルのプラットフォームとなって、デザイン×データ×テクノロジーの3つが有機的に繋がる、新しい化学変化の場所を目指します。

※バウハウス(ドイツ語: Bauhaus)。今から約100年程前の1919年、ドイツ・ヴァイマルに設立された、工芸・写真・デザインなどを含む美術と建築に関する総合的な学校。アートや芸術、デザイン、建築などが融合して起きた新しいムーブメントで世の中に多大な影響を与え、文化を築き上げた。

0

days

0

titles

Trainers



Schedule



Agenda

IntroではBlockchainの歴史的経緯から。スタートは前回(Season1)のダイジェストプレイバック、Day2についにその日を迎えるUASFについて話します。その後、Layer2技術が必要となっている背景に触れ、午後からはいよいよSidechain / Elementsに触っていきます。最後のセッションでは全員でAssettsを発行するところまで体験します。

担当:渡辺 太郎
言語:日本語
資料:無し
担当:Karl Johan-Alm
言語:日本語
資料:TBD
担当:坂部 絢子
言語:日本語
資料:TBD
担当:Anditto Heristyo
言語:日本語
資料:TBD
担当:中村 昭雄
言語:日本語
資料:TBD
担当:中川 卓俊
言語:日本語
資料:TBD
担当:Gregory Sanders, Mark Friedenbach
言語:英語(通訳 Anditto Heristyo)
資料:TBD
担当:Karl Johan-Alm
言語:日本語
資料:TBD
担当:渡辺 太郎
言語:日本語
資料:無し
Agenda

UASFの結果が俄然気になるDay2ですが、初っ端から前回のSeason1でも人気を博したThaddeus Dryja氏によるHard Forkの体験、ランチ前にDay1で発行を体験したAssets(仮想コイン)を使ってランチを買って※頂きます。午後はDay1に引き続き再びElementsの最新技術、前回も大人気だったJeremy Rubin氏によるセッションで締めます。
※ ランチ代はチケットに含まれています。Assetsのセッションでは体験として自分で発行した仮想コインを使ってランチと引き換えるというゲーム的な体験をして頂く趣旨です。

担当:渡辺 太郎
言語:日本語
担当:Thaddeus Dryja, Karl Johan-Alm
言語:日本語
資料:TBD
担当:Anditto Heristyo, 坂部 絢子, 中村 昭雄, 中川 卓俊
言語:日本語
資料:TBD
担当:Gregory Sanders, Mark Friedenbach
言語:英語(通訳 Karl Johan-Alm)
資料:TBD
担当:Jeremy Rubin
言語:英語(通訳 Anditto Heristyo)
資料:TBD
担当:渡辺 太郎
言語:日本語
資料:無し
Agenda

Day3はSmart Contractにフォーカス。ひとくちにSmart Contractと言っても様々なアプローチがありますが、今回はBlockstream社で着々と開発されているSmart Contract技術をハンズオン。この体験ができるのは世界でもBC²だけです。午後はEthan HellmanとDG LabのNicolasによるLayer2最新技術のセッション、締めはSeason1で最も人気を博したThaddeus Dryja氏によるLightning NetworkのSmart Contract的な側面がお披露目されます。

担当:渡辺 太郎
言語:日本語
担当:市橋 立, Mark Friedenbach
言語:日本語と英語(通訳 Karl Johan-Alm)
資料:TBD
担当:Ethan Heilman, Nicolas Dorier
言語:日本語と英語(通訳 Anditto Heristyo)
資料:TBD
担当:Thaddeus Dryja
言語:日本語
担当:渡辺 太郎
言語:日本語
資料:無し

Location

  • デジタルゲートビル
    東京都渋谷区恵比寿南3丁目5-7

Ticket



3days
¥27,000
  • LUNCH付き
  • 学割あり
購入はこちら